お知らせ一覧

平形といし及びオフセットといしに関するお詫びとお知らせ

平成25年11月1日

 

お客様各位

大和化成工業株式会社

代表取締役 青木 泰夫

 

平形といし及びオフセットといしに関するお詫びとお知らせ

 

拝啓

秋冷の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

さて、弊社が製造しております平形といしとオフセットといし(φ100㎜以上が対象)におきまして、この度、埼玉労働局長より労働安全衛生法第43条の2第4号の規定に基づき機械等措置命令(埼労発基第1795号、平成25年10月25日)を受けました。

 

弊社製品「ダイワラビン」につきましては、弾性ゴム砥石という性質上、労働安全衛生法上の研削といしの範疇に入らないとの認識のもと、安全性確保には充分配慮し、独自の検査基準及び表示を行ってまいりました。

 

しかしながら今回の命令に伴い、これまでに出荷致しました製品を回収及び回転試験実施の上、再出荷を行います。また、今後の製造・出荷につきましては、機械等措置命令に従い、労働安全衛生法に準拠した回転試験の実施及び表示を改めます。

 

お客様には多大なお心配とご迷惑をお掛け致しますこと深くお詫び申し上げますとともに、ご理解とご協力を賜ります様お願い申し上げます。

                                                       敬具

                                  

【対象製品等】

 

φ100㎜以上の平形といし及びオフセットといし

※期間は昭和63年10月以降に製造販売した製品

※現在ご使用中の製品につきましても対象となります。

 

【今後の対応】

 

上記対象製品を回収、弊社にて回転試験を実施の上、再出荷を致します。

お客様の在庫状況や使用状況に応じて、個別にご相談させて頂きますので、弊社担当者よりご連絡差し上げます。

 

【機械等措置命令書の概要】

 

●事実の概要

①研削盤等構造規格第10条に定める回転試験

 譲渡・販売に際して、回転試験を実施していないこと

②研削盤等構造規格第29条第2項に定める表示

 直径75㎜以上の研削といしに個別に製造者名、結合剤の種類及び最高使用周速度が表示

 されていないこと

 

【措置】

 

①昭和63年10月以降に製造・販売した直径100㎜以上のものは回収し、研削盤構造規格第10

 条に基づき回転試験を実施すること

②直径75㎜以上の研削といしは研削盤等構造規格第29条第2項に基づき、全製品に個別に製

 造者名、結合剤の種類及び最高使用周速度の表示を行うこと

③研削といしを使用している事業者に労働安全衛生規則第27条の2に規定する事項を通知す

 ること(本お知らせ)

 

【本件に関するお問合せ先】

 

大和化成工業株式会社 営業部 

担当: 郡山、中村、菅

TEL:048-936-8684

 

2013年11月1日

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL.048-936-8655

お問い合わせフォームはこちら

このページの上へ