ダイワラビンの特徴

砥石の理想は「切れて」、「磨けて」、「持ちがいい」!!

ダイワラビンはゴム砥石です

ゴム砥石の特長の<ゴム弾性>に加え、独自開発の特殊砥粒(*CMタイプ)やゴム設計で
ゴム砥石の可能性を広げ、「ゴム砥石と言えば”ダイワラビン”」という高い評価をいただいております。

ダイワラビンイメージ

ダイワラビンイメージ

ダイワラビンイメージ

「ゴム砥石は磨き用」というイメージを変えた切れ味の良さが
ダイワラビンの最大の特徴です

  • 鍛造金型の直彫加工面、SUS、耐熱合金等難削材の切削目、クランクシャフトなど鍛造品のバリ、超硬まで研削、切削加工の加工目を除去して整った研磨面にします。
  • バリ処理で安定した量産加工を可能にします。
  • 耐久性、目詰まり性の良さと相まって自動化には最適です。

ゴム弾性があるため研磨目が均一化され面粗度が向上するとともに、
深い研磨キズを残しません

  • 細かくメッシュを刻んでいく必要がなくなり工程が減らせます。
    また最終仕上げの作業が軽くなります。
  • 研磨キズや残留応力を嫌う航空機・原子力発電他のタービンブレード、応力の集中する切り欠き部、また、シール面にも安心してご利用いただけます。

目詰まりを気にせずに連続作業ができます

  • 作業量の大きなアルミダイカスト外観部品の鋳肌の研磨、アルミ素材の金型、
    コンプレッサースクロール部の切削目除去でもドレスなしで連続研磨できます。

使用条件を調整してゴム弾性を生かして切れ味の良さを発揮させ、
低い負荷で使用できれば砥石寿命が向上します。ダイワラビンに合った作業の場合、
他のツールよりも長持ちします! ⇒ゴム弾性を生かして使えば

  • ワーク状態に合った材質選定や他のツールの工程との組合せも重要です。

回転数を調整してゴム弾性を生かせば、曲面部にもなじみ、
ワークをたたかずハネやビビリを防いでワークにフィットし研磨面が安定するほか、
軽い作業で研磨ができます

  • 削り過ぎやダメージを防ぎ、熟練作業者でなくても安心して金型メンテナンスや製品の
    重要部位のバリ処理、研磨の作業が行えます。

バインダーがゴムですのでツルーイングやドレスに専用のツールや細かな設定が不要です
手間とコストをかけずに簡単に加工、ドレスできます
自動化の際には一層効果を発揮します

使用条件を調整することで、発熱を抑えて熱ダメージを防ぎ、
残留応力も大幅に軽減できます

粉塵を大幅に減らし作業環境を改善致します
また、大量の研削液も必要なくなり環境対応にも貢献します

ものづくりの様々な作業、用途に合わせて長年積み重ねてきた
豊富なゴム配合がございます

金型素材をはじめ、ゴム・樹脂・プラスチック、軟質金属、アルミ、SUS等の難削材、
高硬度脆性材料、各種のコーティングまで幅広い素材をカバーし、様々な作業にご利用いただいております

※ 要求の厳しい航空機、原子力のタービンブレードや精密バルブ、過給器などの重要部品にも長年ご利用いただいており、信頼性の高さもダイワラビンの大きな特長です。

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL.048-936-8655

Contact us

Back to top