安全の手引き

“ダイワラビン”は弾性ゴム砥石です

使用限度回転数以下で使用して下さい。

(製品包装の箱、または同封の製品表示赤ラベルか貼り付けのシールに記載しています)

誤った使い方をした場合、といしが破壊して死亡または
重傷をまねく恐れがあります。

  • ダイワライト以外は、一般的に、他種の弾性砥石に比べ重くなります。
    代替としてご利用になる際には、特に使用限度回転数の違いに御注意下さい。
  • 使用限度回転数以下でご利用の場合でも、片減り、その他の摩耗の具合によって破損、事故の可能性があります。
    ゴム弾性のため、片減り等の場合、他種の砥石に比べ、フレが大きくなります。使用を中止して修整してお使い下さい。
  • 作業に入る前に、低速で回転させ、フレその他の異常がないことを確認して下さい。
  • 工具、機器を始動させる際には、安全な位置に砥石を向けるか、安全な位置に立って始動させて下さい。
  • ゴム弾性がありますので、特に急激な負荷を加えることは避けて下さい。
  • 接触面積が広い場合や、負荷が大きい場合、連続使用の場合等、過度の発熱によってゴム強度が低下し、破損、事故が起きる可能性があります。放熱、冷却を行って下さい。
  • 紫外線により劣化しますので保管の際には、日光が当たらないよう保管して下さい。
  • 保護メガネ、安全帽、手袋等の安全具を必ず着用して下さい。

この他、下記の砥石使用、保管の際の一般的厳守事項をお守り下さい。

  • グラインダその他の機器は、点検、整備された、正常なものをお使い下さい。
  • フランジ、砥石カバー等は、規定のものをお使い下さい。
  • グラインダその他の機器への砥石の取り付けは、正しく、確実に行って下さい。
     平形等の場合は、フランジの締め付けすぎにも御注意下さい。
  • 他種の砥石に比べ粉塵の発生は少ないですが、防塵マスクは必ず着用して下さい。
    (呼吸疾患になることがあります。)
  • 粉塵に火花で発火することがあります。
    着火しないよう粉塵処理、火花の対策を行って下さい。
  • 曲げたまま保管しない。水につけない。湿度の高いところに長期間放置しない。
    直射日光を当てない。開封した後は、ビニール袋でくるむ等、保管の際の基本事項をお守り下さい。

小分けする際には、使用限度回転数の明示と、製品に同封の安全の手引きを作業者に渡し、
熟知していただいてからご利用下さい。

  • 砥石の使用中に何らかの異常が認められた場合には、ただちに使用を中止し、
    弊社までご連絡下さい。その際、製品表示または製造番号をご連絡下さい。
大和化成工業株式会社
TEL:048-936-8684  FAX:048-936-8655
お気軽にお問い合わせ下さい。TEL.048-936-8655

お問い合わせフォームはこちら

このページの上へ